Sirius X

需要無視の自己満足ブログです。

自作ロックマンを作りたい – rev.001

Category:Rockman Reanimated, ゲーム開発 Comment:0

当面このウェブサイトのメインコンテンツになるであろうプロジェクトのお披露目です\(^o^)/

まだほとんど実装していませんが、Microsoft OneDrive、GitHub、DropBox等で開発経過を順次報告していく予定です。


ロックマンとはどんなゲーム?

一般的にゲームといえば、最近だとどんなものが有名なのでしょう?
モンスターハンター?
PUZZLE & DRAGON?
スマブラ?
「任天堂オールスター…」と言っても今は伝わらないと聞きます😅

ロックマンは普遍的に存在する2Dアクションゲームです。

横視点型のベルトスクロール式のアクションゲームはスーパーマリオが有名なので、キャラクターだけでも知っている人は多いかなと思います。

私が今回題材にしたのがこのロックマンというゲームです。

実際にプレイした事ある人は分かると思いますが、独特の難易度で有名なゲームソフト。

そう、独特な難易度。。独特ね😂(まあいいですが(汗)


方針について

ロックマンは株式会社カプコンさんが販売しているゲームです。

当然ながらそのキャラクターを使用したゲームを私が配布するとなると大変です。

このプロジェクトはあくまでゲーム開発の過程を楽しむものであり、私が開発するゲームを公開するといった趣旨のものではありません。
そこは勘違いされないように🥺

しかしながらOSS(オープンソースソフトウェア)として開発を進めるので、どうしてもプレイしたい等ありましたら(万が一ね😅)勝手にソースDownloadして、自分でコンパイルして遊んでください。

ただ撒くのは駄目ですね。分かりますよね?😎

まあそもそもそんな事をするような価値のあるソフトウェアにはならないと思いますが、念の為


どうやって作りますか?

まず最初にこのゲーム開発をどうやって進めるか具体的に決めなければいけません。

まず初めに決まっている事は以下の通りです。

  • ロックマンの番外編として制作。
  • ファミコン版を想定した(8ビットシミュレータ)ゲーム環境。
  • PCでプレイできるよう、一般的なWindowsアプリケーションを開発。
  • C/C++言語を使用。MFC、ライブラリは自由に。

つまるところ、初代ロックマンの新作をプレイしたい意識から作成しようとするものです。


C言語で作る理由

「まあぶっちゃけ、Unityでいいじゃん。ダメなの?」

という質問です。

ハッキリ言いますが、このプロジェクトはゲームの完成を目指すのではなく、
プロジェクトを通してゲーム開発が一般的にどういう過程で行われるかを検証する目的がメインプロットになります。

なので既存のスタイルではなく、一から全部作ります。

それはUnityなどのゲームエンジンなどに依存する部分以外を作りこむという事の示唆です。
が、実際はあまり多様性を含まないと思います😅(どっちなんだよとツッコミが飛んできておりますが…

私がアセンブラなど低級言語思想家だからという自己満足な理由はさておき、このプロジェクトの進捗は以降このブログ、ウェブサイトを通して進捗報告を行っていこうと思います。

楽しむことが大前提です。
超スローペースなのは勘弁して下さい…

(追伸ですが、これに伴ってWindows ゲームプログラミング講座のぺージもウェブサイトに開設できたらと思います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。